<< 愛情は無限でも、時間は有限だもの | main |

MINI

0
    うわー・・・ふらふら 
    なんだか久々の日記。。。ってか久々のログイン 

    この前久々にログインしようとしたら 
    パスワードがわからんくて困ったくらいダッシュ(走り出す様) 

    まぁそんなこんなで 
    今日も家で仕事に頑張っておるのですが・・・ 


    晩飯を食べに、実家に行ったのよ! 
    「あるもんで良ければ食わせてやるよ」とのことだったので 
    本当に《あるもの》って感じだったけど 
    十分な晩飯であります。 


    晩飯を食べて、犬と戯れながらタバコを吸って 
    「今日は早々に帰るよー!」 
    なんて家を出ようとした所で・・・ 



    ん? 

    めざとい私は見つけてしまうのです電球 



    「親父さん・・・このミニクーパーの鍵はなんですか?」 

    ふと、親父がいつも車の鍵を置いてある所をみると 
    丸っこい、ミニクーパーの鍵が置いてあるでは無いですか・・・ 
     

    『2台目買っちゃった!ウッシッシえへ』 

    って、かわいくおちゃらける親父。 
    はいはい・・・そういうの良いからあせあせ(飛び散る汗) 

    インプレッサ乗ってる人間が、セカンドカーにミニクーパー買う訳がなかろう! 
    ってか、セカンドカーなんて、母親が許さんわ・・・手(パー) 

    まぁ、ここになんでMINIがあるかなんてどうでもよいのだ 
    どうせ、誰かが車庫に置かせてくれとか言われて預かってるんだろう 



    さすがに親父も俺の正確も良くわかってる。 
    『乗って来る?』 
    というので、「うん」と頷いて、鍵を手にして 
    家をあとにする。 

    親父と俺の会話なんてそんなもんだ(笑 



    車庫のシャッターを開けると 
    そこには緑のミニクーパー 
     


    うーむ・・・ 
    今流行のコンパクトカーの先駆け的な存在ではありながら 
    そういう一般的なコンパクトカーが 
    小回りが利いて便利、大きい必要がない 
    燃費が良い、税金が安いなどの理由から需要があるものと違って 

    なんというのか、「敢えての趣向での小ささ」を売りとした車 


    このミニクーパーである車(セダン) 


    一瞬小さくは見えないが 
    やはりじっくり見ると、2ドアで後ろの座席は小さい 
    その後ろにトランクのようなスペースはほとんどなく 
    無駄の無い造り。しかしながら、この車体に対してのタイヤは大きく太い。 

    先代のイギリスのMINIと違って、やはりBMW。 
    BMW好きの俺としては、心が躍ってしまうるんるん 


    ドアを開けて運転席に座ると、 
    目の前に広がる内装が・・・なんとお洒落☆ 
    遊び心がいっぱいでそれだけで嬉しくなる。 
     

    計器類、スイッチ類 
    全て【機能性】より【デザイン】を追求したものになっており 
    良い意味でオモチャみたいだ。もう遊び心満載。 

    日本の軽や廉価版のコンパクトカーにあるような 
    制作費用を抑える為のシンプルで可愛いデザインではなくて 
    本当に【趣味】で【無駄】な世界。 

    鍵を入れてエンジンをかける 
    低い音でヴォーンと軽く唸りを上げるエンジン。 

    思ったより静かだ。 
    ハザードをつけて、車庫から出す。 
    「ハンドル重っ!」笑 

    その車庫から出す作業のような超徐行運転の時のハンドルの重さ 
    ・・・うーん。一瞬にして前に乗ってたBMWを思い出す。 

    うわぁドイツ車って感じぴかぴか(新しい) 


    さてと準備は整いました! 


    実を言うとミニクーパーの情報はあまり知らないんだけど 
    コレってFFだったよな? 
    ってか、ギアをマニュアルにした場合、どっちが「+」でどっちが「-」なんだ? 
    まぁいい取りあえず走るか! 


    一気に踏み込む(笑 

    引っ張られるような加速で 
    一気にスピードを上げる・・・ってあんまり伸びない??? 


    そう、最近日本車に慣れてるせいで、踏み込んだつもりが 
    そんなに踏み込んでなかった。 
    ドイツ車はアクセルも重いんだよねあせあせ(飛び散る汗) 

    少し慣れればすぐにコツは掴めるけど 
    加速はかなりのショートシフト 
    燃費がいい感じになってるんだろうけど、大人しい車だなーって 

    ただ、サスペンションとハンドリングは完全にドイツ車 
    BMWやメルセデスと同じような感じで、固めでどっしり 
    日本の渋滞には向いてないけど、走ってるとこの重さは安心感 

    さて、ギアを「D」から横にずらす。 
    表示されたのは【DS】の文字。 

    なるほど、これはスポーツモードだな! 
    アクセルを踏み込むと、さっきとは一変して 
    3000rpm〜4000rpmまで引っ張ってシフトを上げて行く 
    急なパワーで、硬い車体を引っ張って行く感じが 
    外車好きには溜まらん感じ! 

    うーーーーんぴかぴか(新しい)さすがにBMW 
    こりゃ、好きな人にはたまらんだろうな。 

    さてさて、ここからは 
    くねくねとしたカーブが続く道ですな。 

    DSモードの位置から、取りあえず上にシフトを押してみる。 
    ウーンと回転数をあげて、シフトが下がった! 

    あはっ、やっぱりBMW 
    上がシフトダウンで、下がシフトアップなのね☆ 



    これって、結構重要で 
    自分が普段乗ってるのがマツダなんだけど、 
    マツダとBMWだけは、この方式で 

    親父が乗ってるスバルとかは、ギアが逆になるんだよねあせあせ(飛び散る汗) 


    普段、自分の車はMTモードで乗ってるだけに 
    逆だと怖くてMTモードで走れないんだけど 
    これなら間違える事も無い大丈夫。 

    丁度信号で止まったので 
    1速から、一気に踏み込んでみる。 
    一気に唸りを上げて5000rpm、2速!伸びる! 
    ここもあっという間に5000rpm、3速、 
    さすがに一般道ここからは踏み込めない、 
    押さえつつも4速、5速、6速とあげる 


    6速まであるのは楽しいな(笑 
    正直、6速まで上げる必要ないけど・・・ 


    カーブ手前で5→4→3とギアを落とす 
    ウーーン、ウーーンと音を立てるエンジン・・・ 
    でも・・・物足りない。 
    カーブ出口で3速で踏み込む 
    4速まで上げて、直角カーブ 

    3速、2速と下げるが・・・あれ? 


    なんだろう? 
    この2速に入れた時の、すっげぇ期待してた 
    エンジンブレーキの減速が無いふらふら 


    うーむ 
    全体的にはいいんだが、この減速はいまいちだなダッシュ(走り出す様) 
    ハンドリングもなんだかシビア過ぎて 
    慣れるまでは、相当頑張らないと路面に持ってかれちゃう。 
    ギアを変えるタイミングで悪路が来るとマジびびるわ! 

    正直、減速もいまいちだし 
    DSモードで、両手でハンドル握って運転するのが楽しいかなほっとした顔 


    軽いドライブだったけど 
    とにかく、思ってた以上に「BMW」で凄く嬉しかった。 
    エクステリアもインテリアも走りもハンドリングも 
    細部までこだわりの一品。 

    本当に「車が好きな人」の車だなーって思ったし 
    逆に言うと、 

    「かわいいハート」とか言って、 
    あんまり知らない女の子が買っちゃうと後悔する車だな(笑 


    久々の日記が 
    クソ長い、個人的車レビューだなんて、嫌われちゃうな・・・ 

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • メディチって誰やねん?
      (12/03)
    • 言い過ぎてゴメンね
      (11/17)
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM